無線LANのただ乗りの予防と対処

“無線LANを利用する時に注意することとしては、無線LANのただ乗りです。全くセキュリティ対策をしていない回線だと、無線LANの電波さえキャッチすることが出来れば簡単にその回線に接続してただ乗りすることが可能となってきます。ですので、そうならないためにはセキュリティ対策や予防をしっかり行うことが大切です。
そして、その予防や対処法としては次のような物があります。例えば、セキュリティ方式を変更する事です。一般的にはWEP方式がよく使われていますが、その他にWPAやWPA2、TKIPやAESと言った色々なセキュリティ方式があります。WPA2を利用すれば通常のWPAよりもより強固なセキュリティ予防対策が出来るでしょう。
そして、対処法についてですが、もしただ乗りを発見したら回線を切断して、サイドパスワード等を設定し直すというのが方法としてあります。パスワードが漏れたことによるただ乗りならば、その方法で対処することが可能です。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です