無線LANのただ乗り予防はファームウェアのセキュリティを意識

無線LANのただ乗りの予防と対処

“無線LANを利用する時に注意することとしては、無線LANのただ乗りです。全くセキュリティ対策をしていない回線だと、無線LANの電波さえキャッチすることが出来れば簡単にその回線に接続してただ乗りすることが可能となってきます。ですので、そうならないためにはセキュリティ対策や予防をしっかり行うことが大切です。
そして、その予防や対処法としては次のような物があります。例えば、セキュリティ方式を変更する事です。一般的にはWEP方式がよく使われていますが、その他にWPAやWPA2、TKIPやAESと言った色々なセキュリティ方式があります。WPA2を利用すれば通常のWPAよりもより強固なセキュリティ予防対策が出来るでしょう。
そして、対処法についてですが、もしただ乗りを発見したら回線を切断して、サイドパスワード等を設定し直すというのが方法としてあります。パスワードが漏れたことによるただ乗りならば、その方法で対処することが可能です。”

無線LANのただ乗り予防はファームウェアのセキュリティを意識

“近年インターネットの各家庭での普及率が、ますます増加傾向にあります。
一家に一台どころか複数ある家庭は、なくなってきているのです。
家の中で複数のインターネットを接続するということで、自由に場所を選べる無線LANのユーザーが増えてきています。
しかしこの無線LANのユーザーが、増えることで新たな問題も発生しているのです。
それは他人の契約している回線に、ちゃっかりとただ乗りしてくる人がいることなんです。
これは勝手に情報を盗まれる危険があるだけでなく、犯罪に巻き込まれることもあるほどの重大事態になります。
使っているパソコンの周辺機器に、ついて日常はどれくらい危険回避という意識がありますでしょうか。
おそらくはほとんどの人が、パソコンにはセキュリティソフトを導入しているはずです。
しかしインターネットの接続をするための機器、Wi-Fiルータなどは意識の範疇外ではないですか。
Wi-Fiルータのファームウェアを、お店で購入して安心してそのまま使用している人は多くいます。
これは知らない人の方が多いのですが、工場から搬出されお店で販売したままの状態は赤ちゃん同様なのです。
こういった機器は、工場出荷時にはデフォルトされたパスワードが用いられます。
要するに、ユーザーがただ乗り予防をするためには、それなりな処置が必要です。
Wi-Fiルーターのファームウェアの、アップデートをマメに行うこともその一つになります。
他にもデフォルトではない独自のパスワードを、設定することなどが求められるのです。
ただ乗り予防は、これからのインターネット社会になるにつれ絶対に必要な対策になります。”