無線LANただ乗りへの対処や予防について

“スマートフォンやタブレットの普及にともない、携帯電話会社も積極的に無線LAN装置を家庭用に提供していることも合わせて、家庭で無線LANを使うケースがかなり増えてきています。
その時に大きな問題になるのが、ただ乗りという、家庭用の無線LANを許可無く第三者が利用するというものです。この場合犯罪に使われることもあるので、その予防が必要となってきているのです。
その時にいろんな対処方法があるのですが、基本的には3つの方法を組み合わせて予防方法とするのが、最適なのです。
その前にただ乗りの仕組みを考えると、周辺のアクセスポイントを探して、つなぐということになりますので、その点に留意するのが良いのです。
まず最初は、SSIDという無線アクセスポイントを認識するIDを隠すというものです。これによりアクセスポイントの検索から逃れることができます。
次にMACアドレスフィルタリングです。これは接続できる機器を制限する仕組みになりますので、SSIDが漏洩しても、簡単には繋がないようにするものです。
そして最後に、通信の暗号化です。これはできるだけ最新の暗号化である、WPA2-PSK方式を使うと良いのです。
このように無線LANを安心して使うには、これらのセキュリティ対策による対処方法を行うことが、重要なのです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です