無線LANのただ乗り予防はMacアドレス制御で防げ!

無線LANただ乗りへの対処や予防について

“スマートフォンやタブレットの普及にともない、携帯電話会社も積極的に無線LAN装置を家庭用に提供していることも合わせて、家庭で無線LANを使うケースがかなり増えてきています。
その時に大きな問題になるのが、ただ乗りという、家庭用の無線LANを許可無く第三者が利用するというものです。この場合犯罪に使われることもあるので、その予防が必要となってきているのです。
その時にいろんな対処方法があるのですが、基本的には3つの方法を組み合わせて予防方法とするのが、最適なのです。
その前にただ乗りの仕組みを考えると、周辺のアクセスポイントを探して、つなぐということになりますので、その点に留意するのが良いのです。
まず最初は、SSIDという無線アクセスポイントを認識するIDを隠すというものです。これによりアクセスポイントの検索から逃れることができます。
次にMACアドレスフィルタリングです。これは接続できる機器を制限する仕組みになりますので、SSIDが漏洩しても、簡単には繋がないようにするものです。
そして最後に、通信の暗号化です。これはできるだけ最新の暗号化である、WPA2-PSK方式を使うと良いのです。
このように無線LANを安心して使うには、これらのセキュリティ対策による対処方法を行うことが、重要なのです。”

無線LANのただ乗り予防はMacアドレス制御で防げ!

“近年インターネットや携帯ゲーム機の普及のため自宅でどこでも使える無線LANが急激に普及しています。
無線LANは便利であるからこそ、悪意を持った人にとっても、便利であり、他人の家庭の無線LANにただ乗りする人までいる状態です。
しかしながら、量販店で購入できる無線LANルーターなどは、初期設定でゲストポートが解放されてるなどただ乗り予防の対策はあってないようなものです。
そこでただ乗り予防に効果的な方法を書いてみます。
ルータの初期設定時(プロバイダー情報の入力時)に少しだけマニュアルを広げゲストポートを使用しない設定は必ず行っておきましょう。
次に、無線設定などのメニューから、Macアドレス制御という項目を探してください。
そこで、ご自身のパソコンやスマートフォンや携帯ゲーム機の設定メニューから機器の情報を参照し、WifiのMacアドレスの項目を探してください。
「00:00:00:00:00:00」などの記述があると思います。
このMacアドレスというのは1つ1つの機械に与えられた識別番号のようなものです。
そして最後に登録されたMacアドレス以外の無線機器からの接続は許可しない設定にすれば、ただ乗り予防はほぼ完璧です。
もし無線で接続するプリンタなど購入したときやスマートフォンを買い換えたときは登録をすることを忘れずにおこなってください!(登録しないとLANに接続できません。)
アクセス制御し自宅の無線のただ乗り予防をしっかりおこなって楽しいインターネットライスを!”