無線LANのただ乗り予防のためにIDとパスワードを設定する

自宅無線LANを他人にただ乗りされないための対処?予防

“スマホでWi-Fiに接続する時、見慣れないネットワークを目にすることがあります。しかもそのネットワークにはパスコードがない…つまり使い放題。
使う側にとってこんなにラッキーなことはないですが、もし自分の家の無線LANが他人にただ乗りされてると思ったら…しかもそこから自分のPCに侵入されたとしたら…ひとたまりもないです。
この無線LANのただ乗りを予防する対処策としては、やはりネットワークのセキュリティを強化することが一番です。
具体的に何をすればいいのかというと、「適切な暗号化方式の設定をする」「パスコードを簡単にせずなるべく長くてランダムなものにする」ことです。
もっと詳しく知りたい方は「無線LAN セキュリティ」でネット検索をするとより詳しい情報が手に入ります。
適切な対処をしてただ乗りを予防することはもちろん、自分や家族の大切な情報を守るためにももう一度自宅の無線LAN環境の見直しをしてみましょう。”

無線LANのただ乗り予防のためにIDとパスワードを設定する

無線LANはあらゆるモバイルデバイスをネットにアクセスさせるために極めて有益なものとなりますが、この電波は同様のデバイスをもつユーザーにも届くことからIDとパスワードでその利用を管理することが重要いなってくるのです。もしIDもパスワードも設定せずに利用することができるようにしてしまいますと無線LANを公衆LANのように無料で使われてしまうことになりますし、そのポイントから大量なスパムメールなどを送られてしまいますと大きな責任問題にもなりかねない状況となってしまうのです。したがってしっかりとただ乗り予防のためのIDとパスワード設定をすることが重要になるのです。無線LANの電波は思いのほか遠くまで届いていくことがあり、住宅密集地であれば、となりの無線LANを無断で利用するなどということも簡単にできてしまうのです。したがってただ乗り予防は重要な設定となります。一度設定をしてしまえば第三者が使うことはできなくなりますので安心ですし、余分なトラブルを避けることもできるようになりますのでIDとパスワードの設定は必須といえる状況です。ひとむかし前までは有線でネット接続をしていましたからこうしたことを心配する必要はなかったのですが、見知らぬ人に勝手に使われてしまうというのは非常に問題が大きいですから気をつけるに越したことはありません。ひとの無線によるLANにただ乗りするのも同じ意味で問題になりますので、厳密な利用が求められるべきものといえます。