無線LANのただ乗りに対処する予防方法

“自宅で利用している無線LANが最近遅いなと感じることがあれば、ひょっとすると誰かに「ただ乗り」されている可能性があります。無線LANの「ただ乗り」には予防方法があるため、しっかりとした対処が必要です。
まず、電波のIDでもあるSSIDのステルス化です。これによりスマートフォンなどでWi-Fi利用とした際等、一覧にいつも使うIDは表示されなくなります。この他にMACアドレスフィルタリングを設定しましょう。自分のPCやスマートフォンには固定識別番号であるMACアドレスがありますので、その端末のみ自宅のWi-Fiを利用できるようにすることができます。
以上のように、「ただ乗り」に対しては色々な対処方法があります。せっかく利用料を払って環境を整えている自宅の無線LANが誰かに勝手に使われていると悔しいです。事前に予防することで防ぐことが出来ますので、少しでもおかしいなと感じたら実践することをおすすめします。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です