Month: 9月 2015

無線LANただ乗りへの対処や予防について

“スマートフォンやタブレットの普及にともない、携帯電話会社も積極的に無線LAN装置を家庭用に提供していることも合わせて、家庭で無線LANを使うケースがかなり増えてきています。
その時に大きな問題になるのが、ただ乗りという、家庭用の無線LANを許可無く第三者が利用するというものです。この場合犯罪に使われることもあるので、その予防が必要となってきているのです。
その時にいろんな対処方法があるのですが、基本的には3つの方法を組み合わせて予防方法とするのが、最適なのです。
その前にただ乗りの仕組みを考えると、周辺のアクセスポイントを探して、つなぐということになりますので、その点に留意するのが良いのです。
まず最初は、SSIDという無線アクセスポイントを認識するIDを隠すというものです。これによりアクセスポイントの検索から逃れることができます。
次にMACアドレスフィルタリングです。これは接続できる機器を制限する仕組みになりますので、SSIDが漏洩しても、簡単には繋がないようにするものです。
そして最後に、通信の暗号化です。これはできるだけ最新の暗号化である、WPA2-PSK方式を使うと良いのです。
このように無線LANを安心して使うには、これらのセキュリティ対策による対処方法を行うことが、重要なのです。”

無線LANのただ乗りの予防と対処

“無線LANを利用する時に注意することとしては、無線LANのただ乗りです。全くセキュリティ対策をしていない回線だと、無線LANの電波さえキャッチすることが出来れば簡単にその回線に接続してただ乗りすることが可能となってきます。ですので、そうならないためにはセキュリティ対策や予防をしっかり行うことが大切です。
そして、その予防や対処法としては次のような物があります。例えば、セキュリティ方式を変更する事です。一般的にはWEP方式がよく使われていますが、その他にWPAやWPA2、TKIPやAESと言った色々なセキュリティ方式があります。WPA2を利用すれば通常のWPAよりもより強固なセキュリティ予防対策が出来るでしょう。
そして、対処法についてですが、もしただ乗りを発見したら回線を切断して、サイドパスワード等を設定し直すというのが方法としてあります。パスワードが漏れたことによるただ乗りならば、その方法で対処することが可能です。”

無線LANのただ乗りに対処する予防方法

“自宅で利用している無線LANが最近遅いなと感じることがあれば、ひょっとすると誰かに「ただ乗り」されている可能性があります。無線LANの「ただ乗り」には予防方法があるため、しっかりとした対処が必要です。
まず、電波のIDでもあるSSIDのステルス化です。これによりスマートフォンなどでWi-Fi利用とした際等、一覧にいつも使うIDは表示されなくなります。この他にMACアドレスフィルタリングを設定しましょう。自分のPCやスマートフォンには固定識別番号であるMACアドレスがありますので、その端末のみ自宅のWi-Fiを利用できるようにすることができます。
以上のように、「ただ乗り」に対しては色々な対処方法があります。せっかく利用料を払って環境を整えている自宅の無線LANが誰かに勝手に使われていると悔しいです。事前に予防することで防ぐことが出来ますので、少しでもおかしいなと感じたら実践することをおすすめします。”

自宅無線LANを他人にただ乗りされないための対処?予防

“スマホでWi-Fiに接続する時、見慣れないネットワークを目にすることがあります。しかもそのネットワークにはパスコードがない…つまり使い放題。
使う側にとってこんなにラッキーなことはないですが、もし自分の家の無線LANが他人にただ乗りされてると思ったら…しかもそこから自分のPCに侵入されたとしたら…ひとたまりもないです。
この無線LANのただ乗りを予防する対処策としては、やはりネットワークのセキュリティを強化することが一番です。
具体的に何をすればいいのかというと、「適切な暗号化方式の設定をする」「パスコードを簡単にせずなるべく長くてランダムなものにする」ことです。
もっと詳しく知りたい方は「無線LAN セキュリティ」でネット検索をするとより詳しい情報が手に入ります。
適切な対処をしてただ乗りを予防することはもちろん、自分や家族の大切な情報を守るためにももう一度自宅の無線LAN環境の見直しをしてみましょう。”

無線LANのただ乗り予防はMacアドレス制御で防げ!

“近年インターネットや携帯ゲーム機の普及のため自宅でどこでも使える無線LANが急激に普及しています。
無線LANは便利であるからこそ、悪意を持った人にとっても、便利であり、他人の家庭の無線LANにただ乗りする人までいる状態です。
しかしながら、量販店で購入できる無線LANルーターなどは、初期設定でゲストポートが解放されてるなどただ乗り予防の対策はあってないようなものです。
そこでただ乗り予防に効果的な方法を書いてみます。
ルータの初期設定時(プロバイダー情報の入力時)に少しだけマニュアルを広げゲストポートを使用しない設定は必ず行っておきましょう。
次に、無線設定などのメニューから、Macアドレス制御という項目を探してください。
そこで、ご自身のパソコンやスマートフォンや携帯ゲーム機の設定メニューから機器の情報を参照し、WifiのMacアドレスの項目を探してください。
「00:00:00:00:00:00」などの記述があると思います。
このMacアドレスというのは1つ1つの機械に与えられた識別番号のようなものです。
そして最後に登録されたMacアドレス以外の無線機器からの接続は許可しない設定にすれば、ただ乗り予防はほぼ完璧です。
もし無線で接続するプリンタなど購入したときやスマートフォンを買い換えたときは登録をすることを忘れずにおこなってください!(登録しないとLANに接続できません。)
アクセス制御し自宅の無線のただ乗り予防をしっかりおこなって楽しいインターネットライスを!”

無線LANのただ乗り予防はファームウェアのセキュリティを意識

“近年インターネットの各家庭での普及率が、ますます増加傾向にあります。
一家に一台どころか複数ある家庭は、なくなってきているのです。
家の中で複数のインターネットを接続するということで、自由に場所を選べる無線LANのユーザーが増えてきています。
しかしこの無線LANのユーザーが、増えることで新たな問題も発生しているのです。
それは他人の契約している回線に、ちゃっかりとただ乗りしてくる人がいることなんです。
これは勝手に情報を盗まれる危険があるだけでなく、犯罪に巻き込まれることもあるほどの重大事態になります。
使っているパソコンの周辺機器に、ついて日常はどれくらい危険回避という意識がありますでしょうか。
おそらくはほとんどの人が、パソコンにはセキュリティソフトを導入しているはずです。
しかしインターネットの接続をするための機器、Wi-Fiルータなどは意識の範疇外ではないですか。
Wi-Fiルータのファームウェアを、お店で購入して安心してそのまま使用している人は多くいます。
これは知らない人の方が多いのですが、工場から搬出されお店で販売したままの状態は赤ちゃん同様なのです。
こういった機器は、工場出荷時にはデフォルトされたパスワードが用いられます。
要するに、ユーザーがただ乗り予防をするためには、それなりな処置が必要です。
Wi-Fiルーターのファームウェアの、アップデートをマメに行うこともその一つになります。
他にもデフォルトではない独自のパスワードを、設定することなどが求められるのです。
ただ乗り予防は、これからのインターネット社会になるにつれ絶対に必要な対策になります。”

無線LANのただ乗り予防には暗号形式が大事!

“あなたは、自宅や職場の無線LANの暗号形式を気にかけたことがあるだろうか?もし「そんなの気にしたことない!」と思ったならば、今すぐ確認してもらいたい。さもないと、あなたの無線LANがただ乗りされるかもしれないのだ。
簡単な手段として、Androidスマホから確認する方法がある。機種によって違うが、「設定」アプリを開き「Wi-Fi」をタップし、現在使われているアクセスポイントをタップすると、「セキュリティ」のところに暗号形式がでている。
そして、その形式の種類によって無線LANの脆弱性が変化する。ただ乗り予防のために、チェックしておきたい。
まず、一番安全性の低いのが「WEP」だ。この形式を使っている人はすぐに変えるべきだろう。これはものの数分でパスワードを見破られてしまう。
次に、「WPA-PSK」だ。こちらは先述の「WEP」よりも安全性が高い。難しい話だが、この形式では「AES」という技術を用いたものと「TKIP」という技術を用いたものの2つがある。この2つでは「AES」のほうが強固なので、そちらをおすすめする。
最後に、「WPA2-PSK」を紹介する。これは3つの中で一番強固なため、特にこれを推奨したい。また、これも「WPA-PSK」と同じように「AES」、「TKIP」と2つの形式がある。
以上の通り、現在最も安全性が高いと言えるのは、「AES」の「WPA2-PSK」である。設定の変更方法は無線LANルータのメーカーによって異なるが、ただ乗り予防のためにぜひ変更してみてほしい。”

無線LANのただ乗り予防のためにIDとパスワードを設定する

無線LANはあらゆるモバイルデバイスをネットにアクセスさせるために極めて有益なものとなりますが、この電波は同様のデバイスをもつユーザーにも届くことからIDとパスワードでその利用を管理することが重要いなってくるのです。もしIDもパスワードも設定せずに利用することができるようにしてしまいますと無線LANを公衆LANのように無料で使われてしまうことになりますし、そのポイントから大量なスパムメールなどを送られてしまいますと大きな責任問題にもなりかねない状況となってしまうのです。したがってしっかりとただ乗り予防のためのIDとパスワード設定をすることが重要になるのです。無線LANの電波は思いのほか遠くまで届いていくことがあり、住宅密集地であれば、となりの無線LANを無断で利用するなどということも簡単にできてしまうのです。したがってただ乗り予防は重要な設定となります。一度設定をしてしまえば第三者が使うことはできなくなりますので安心ですし、余分なトラブルを避けることもできるようになりますのでIDとパスワードの設定は必須といえる状況です。ひとむかし前までは有線でネット接続をしていましたからこうしたことを心配する必要はなかったのですが、見知らぬ人に勝手に使われてしまうというのは非常に問題が大きいですから気をつけるに越したことはありません。ひとの無線によるLANにただ乗りするのも同じ意味で問題になりますので、厳密な利用が求められるべきものといえます。